ED治療薬ジェネリック最新情報

ED治療薬ジェネリック医薬品の最新情報について、ご紹介します。
国内大手の後発医薬品メーカーから、厚生労働省の認可済みの先発医薬品である、バイアグラのジェネリック医薬品が登場します。
日本でバイアグラのジェネリック医薬品が登場するためには、「物質特許」と「用途特許」の2つに関して、特許権存続期間が満了になる必要がありました。
先発医薬品であるバイアグラには、主成分である「シルデナフィル」に対する物質特許と、勃起不全治療薬という用途特許とが存在していました。

ファイザー製薬株式会社のバイアグラの物質特許は、2013年5月17日にすでに満了しており、用途特許についても、2014年5月13日に満了になっています。
そのため、各製薬会社では、バイアグラのジェネリック医薬品発売に向けて、「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを行い、厚生労働省から製造販売承認を得るべく行動を起こしていました。

2014年5月26日、国内大手の後発品メーカーである東和薬品株式会社から、バイアグラのジェネリック医薬品が、ついに発売されました。
発売されたジェネリック医薬品は「OD錠」であり、レモン風味とコーヒー風味という、2種類のフレーバーが存在しています。
ちなみに「OD錠」とは、水なしでも服用できるように、薬独特の苦みがなく、唾液の水分だけですぐに溶ける薬のことです。

東和薬品のジェネリックに追随するように、2014年8月4日には、株式会社陽進堂からバイアグラのジェネリックが発売され、2014年8月20日には、武田薬品からも発売されています。
今後、日本国内のおいて、まだ数種類のバイアグラジェネリックが登場する予定だそうです。