2016年06月
漢方薬でのED克服と5α還元酵素

5α還元酵素は男性ホルモンと結びつくことで男性の薄毛を引き起こすとされている物質で、最も強力な男性ホルモンを作り出すので若ハゲや薄毛の最大の原因とされています。5α還元酵素を抑制する薬としてはプロペシアなどがありますが、服用している期間は5α還元酵素の働きを抑えられますが、服用を中止すると活動が活発化するので、薄毛予防のためには治療薬の服用を最低でも4年以上は継続させる必要があるとされています。EDは勃起が不完全になる病気ですが、様々な症状があるので、自分の症状に合わせて薬を選ぶ必要があります。多くの場合はセックス中の勃起状態の維持が難しいというものですが、早漏になる場合もあるので、医療機関を受診して症状にあったくED治療薬を処方してもらうことが必要となります。漢方薬でED治療をする場合には、精神的な不安や緊張を軽減させる成分が有効であるとされていて、精力を増強させる漢方薬の多くにはカルシウムなどの精神の安定に不可欠な成分が含まれています。個人輸入を利用すると中国で製造されたEDに効果のある漢方薬を手に入れることが出来ますが、勃起改善薬の成分が含まれている場合があるので、服用する前に副作用などを確認する必要があります。EDは基本的には男性ホルモンの分泌が減少することで起きるので、衰えた筋肉を鍛え直すだけで改善する場合があります。とくに太ももや腹筋のように大きな筋肉を鍛えることで、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を増やすことができるので、自分でEDを克服することができます。また心拍数を適度に上昇させる有酸素運動は精神的なストレスを軽減させるので、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせると薬を服用しなくてもEDが完治することがあります。