EDの原因とうつと腸の関係

EDになる原因は人によって様々です。多くの人が思い浮かぶであろうストレスが原因でなる場合もありますが、喫煙の様な生活習慣が影響を与えたり、糖尿病の様な病気が原因になったりと理由は人それぞれです。
EDになったらまずはクリニックで受診し、原因を考えたり、ED治療薬を処方してもらう等、必要な対処をしてもらいますが、うつが原因でEDになった場合はクリニックだけの受診だけでなく、場合によっては心療内科等で診察が必要になるかもしれません。しかしうつの場合は、腸にも注目をして欲しいです。
うつはセロトニンやドーパミンが不足したりバランスが崩れることでも起こると考えられていますが、これらは脳で生成されるのではなく、腸で生成されます。つまり腸内細菌を増やし、腸内環境を整えることでセロトニンやドーパミンが増えれば、うつの症状も改善する可能性があります。もちろん、腸内環境を整えるだけが改善の方法ではありませんが、1つの方法としてあります。具体的な方法としては、乳酸菌や味噌等の発酵食品を積極的に取り入れる、善玉菌の栄養素となるバナナやハチミツなどオリゴ糖が含まれる食材を食べる、悪玉菌を殺す役割のある納豆を食べる、等が挙げられます。食事を作ってくれるような人がいる場合は協力してもらっても良いでしょうし、料理はあまりしない人は納豆やバナナなど調理しなくても食べられる食材を利用しても良いでしょう。
うつになると食事の内容まで考えたり、食事をすることすら嫌になる場合もあります。そうなることを避けるためにも、普段から腸内環境を整えるような食材を食べることも1つの方法です。仮にうつによるEDで悩む人がいれば、気軽な気持ちで始めて見てはいかがでしょうか。